引越し当日

蜂車引越しの立会い、鍵渡し、ライフラインの手続き、近所の挨拶、掃除など、やることはたくさんあります

引越し当日

しなければならないことを旧居、新居でそれぞれ確認してください。

  • 旧居にて

・引越し代金の支払い

・ライフラインの停止

・引越し作業の段取り

・掃除

・鍵の返却

  • 新居にて

・部屋の傷などの確認

・家具の配置指示

・ダンボールの場所を指示

以下のものは、必ず肌身離さず持っていましょう

1. 鍵

2. 現金

3. 印鑑

4. 通帳

5. 引越しの見積書

6. 賃貸契約書

 

引越し当日は、朝からバタバタ。寝坊なんてしてられません。

引越し当日、旧居でしなければならないこと

引越し代金の支払い

引越し当日のお部屋の中は、ダンボールでごった返して何がなんだかわからなくなります。

貴重品は肌身離さず持っていましょう。

引越し代金は大金ですので、どこかに置いておくというのは止めましょう。

作業開始前に支払いを済ませるのも手です。

追加料金なども取られにくくなりますし、お金の紛失もなくなります。

領収書一枚持って引越しを乗り切る方が安全です。

ライフラインの停止

電力会社の手続きガスの手続き水道の手続きなどは、当日精算の場合があります。

先月の支払いから、引越し当日までの利用料金を支払います。

また、それぞれの停止作業は、かく社の作業員が行う場合が多いようです。

それぞれの手続きは済ませておきましょう。

引越し作業の段取り

引越業者にサービスを依頼した場合、荷物を運んだりする引越し作業をする必要はありません。

ユーザーに求められるのは作業進行の確認のみです。

引越し業者と一緒に確認しておきたいことです。

  • 処分するもの
  • 持って行かないもの
  • 自分で運ぶもの
  • 新居ですぐ開けるもの
  • 新居への到着時間

掃除

荷物がなくなった部屋から掃除をしていきましょう。

早く取りかかった方が良いです。

スタッフの導線は避けてください。

くれぐれも引越し作業の邪魔にならないように。

鍵の返却

部屋が空になり、あらかた掃除が終わったら、大家さんか不動産管理会社立会いの下、鍵を返します。 この時、部屋の状態確認をします。

敷金の返金に大きく関わることですので、十分に確認しましょう。

蜂車引っ越し作業が終われば、後はゆっくり時間を掛けることができます。

引越し当日、新居でしなければならないこと

部屋の傷などを確認

鍵渡しの時に、十分に確認しておきましょう。

現状復帰の条件に大きく関わることですので、十分に確認しましょう。

家具の配置指示

家具、家電の位置を指示しましょう。

ダンボールの場所を指示

何も言わなければ、適当に置いて帰る引越業者もあるようです。