引越し当日の引越し業者の作業の流れ、フローチャート

引越しというサービスは引越し当日、実際にサービスを受けてみるまで、その内容がわかりにくいものです。

ですから、引越しの見積もりのときにある程度サービスの流れを理解しておくと、引越し業者選びに有利に働きます。

以下、引越し当日の引越し作業の流れです。

引越し当日、旧居での作業の流れ

1.建物の養生
引越し業者は荷物を運び出す前にまず建物の養生をする

引越し業者は荷物を運び出す前にまず建物の養生をする

引越し業者は引越しするユーザー宅に到着すると、まず、専用の資材を使って養生をし、荷物の搬送作業によって建物に傷や汚れがつかない状態にします。

2.小物の搬出
ダンボールなどの小物類を先に運び出して、家具を梱包、搬出する場所を確保

ダンボールなどの小物類を先に運び出して、家具を梱包、搬出する場所を確保

荷物は小物から搬出し、トラックに積み込みます。

家具などを運び出すのに邪魔にならないようにダンボールなどの小物類をすべて運び出してしまいます。

ダンボールなどの小物はトラックの奥に積み込まれるので、以降、新居まで取り出すことができなくなります。

3.家具の梱包、搬出
家具、家電は専用の梱包資材で引越し業者が梱包してくれるので、運搬作業はとても安心

家具、家電は専用の梱包資材で引越し業者が梱包してくれるので、運搬作業はとても安心

家具類はすべて専用の梱包資材を使って梱包してから運び出されます。

ベッドのフレームやセパレートタイプのタンス、勉強机など、一部分解できるものは分解して梱包します。

引き出しの中身が洋服だけのタンスは中身が入ったまま梱包して運び出す引越し業者もありますので、引越しの見積もりのときに確認しておきましょう。

輸送

トラックで移動
二台の扉に封印を取り付け鍵をかけたら新居に向けて出発

荷台の扉に封印を取り付け鍵をかけたら新居に向けて出発

トラックの荷台に鍵をかけて新居まで移動します。

荷台に鍵をかけるときにはユーザーに立会いを求められます。

新居で荷台の鍵を開けるときも同様にユーザーの立会いが必要になります。

引越し当日、新居での作業の流れ

1.新居の建物の養生
新居に着いたらエントランス、エレベーターなどトラックから部屋までの荷物の搬送導線をすべて養生する

新居に着いたらエントランス、エレベーターなどトラックから部屋までの荷物の搬送導線をすべて養生する

引越し業者は引越し先の新居に到着すると、まず、専用の資材を使って搬入経路に養生をし、荷物の搬入作業によって建物に傷や汚れがつかない状態にします。

2.家具の搬入、セッティング
ベッドのフレームやセパレートタイプのタンス、勉強机など、一部解体した家具は、設置する部屋で梱包を解いて組み立てる

ベッドのフレームやセパレートタイプのタンス、勉強机など、一部解体した家具は、設置する部屋で梱包を解いて組み立てる

新居では、まず、家具、家電が運び込まれ、それぞれユーザーの指定した場所にセッティングされます。

ベッドのフレームやセパレートタイプのタンス、勉強机など、旧居で解体した家具は元の形に組み立ててセッティングしてくれます。

3.小物の搬入
ダンボールなどの小物類をそれぞれの部屋に積み上げたら引越し完了

ダンボールなどの小物類をそれぞれの部屋に積み上げたら引越し完了

ダンボールなどの小物類は家具、家電のセッティングが終わってから、引越し作業の最後にそれぞれの部屋へと運び込まれます。

これで引越しが完了します。