なぜ複数の引越し業者から見積もりを取るのか?相見積もりは必須?

なぜ複数の引越し業者から見積もりを取れなければならないのかなぜ複数の引越し業者から見積もりを取れなければならないのか。

引越し料金には定価がないから少しでも安くするために引越し業者を競わせる目的だと考えるユーザーも多いでしょう。

ここでは複数の引越し業者から見積もりを取る意味を考えます。

引越し料金は引越し業者が決める

引越しの見積もりにおいてユーザーが引越し料金を決めることはできない

引越しの見積もりにおいてユーザーが引越し料金を決めることはできない

引越しの見積もりにおいてユーザーは引越し料金を決めることができません。

引越し料金は引越し業者が決めます。

見積もりの場で「この引越しを5万円でお願いします」とユーザーが言ったとしても、その引越しを要望どおりの5万円で引き受けるかどうかは引越し業者が決めます。

いくらでその引越しを引き受けるかは、引越し業者の腹積もりひとつなのです。

引越しの合計金額から値引きして欲しいとユーザーが訴えても、値引きするかしないかを決めることができるのは引越し業者だけです。

よくいるのが「その見積もりは高い」とか「いやいや本当はもっと安いでしょ」と詰め寄ってくるユーザーです。

どれだけ詰め寄っても引越し業者が大幅に安くすることはありません。

引越し業者が出す引越し料金にユーザーの思惑や計算、予算など関係ないのです。

ユーザーが思っていた金額と違うと詰め寄った場合、引越し業者は「どうぞご検討ください」と見積書を置いて帰ってしまうでしょう。

引越し業者が出した見積もりは「この金額でなら引き受けてもいい」という見積もりであり、「これ以下では引き受けない」という意味を含んでいるのです。

ユーザが料金を自分で選択したと勘違いしてしまうことも

引越しの見積もりでは荷造り付きのラクラクパック、荷造りはユーザーがする節約コースなどの中から選択できるようになっています。

他にもエアコンの付け外しや不用品処分などのオプションサービスの中から必要なオプションをユーザーが選択できるようになっています。

ここでも注意が必要です。

確かにオプションサービスを選択したのはユーザーですが、そのオプションにかかる料金は引越し業者が決めています。

つまり、ユーザーは引越しにかかる料金についてはどの部分においても決定権がないということです。

引越しの見積もりでユーザーが唯一持っているのは「引越し業者を決める権利」

引越し料金の見積もり額を上下させる権利はユーザーには無い

引越し料金の見積もり額を上下させる権利はユーザーには無い

引越しの料金を決めるのは引越し業者だとしましたが、では、ユーザーには何を決める権利があるというのでしょうか。

引越し料金はまるでレジに商品を通すように引越し業者の営業マンが機械的に電卓で弾いていくだけです。

上に述べたようにその合計金額を上下させる権利はユーザーには無いのです。

このままでは目の前の引越し業者の「言い値」で引越しをすることになります。

引越しの見積もりでユーザーに与えられた選択肢とは

ユーザーは引越し業者を決める権利を有しています。

ユーザーには引越し業者が弾き出した見積もり金額を上下させる権利はありませんが、目の前の引越し業者に頼むか頼まないかを選択する権利を有しているのです。

この選択肢の中には「引越しをするか、しないか」も含まれます。

そして、後に必ず引越しをするのであれば、ユーザーは「他の引越し業者に依頼する」という選択肢も有しています。

もし、引越し業者の見積もりを1社しか取らなければ、「他の引越し業者に依頼する」という選択肢を放棄したことになります。

つまり、他の引越し業者の見積もりを取らなければ、ユーザーは何も選択肢がない常態になり、「目の前の引越し業者がはじいた見積もり金額どおりに引越しをしなければならなくなる」ということです。

引越し業者を選ぶ権利を放棄してしまうユーザーが多い

オプションやコースを選んだだけで納得し、他の引越し業者から見積もりを取らないユーザーは意外なほどたくさんいます。

もちろん1引越し業者からしか見積もりを取らなくても、納得して引越しを依頼するわけですから、ユーザーは後悔したりすることはありません。

「自分で選んだ」という感覚を信じているからです。

しかし、引越しの見積もりにはまだその先があって、実はまったく違うストーリーが待っているのです。

引き受けてくれる引越し業者が1社しかない場合

他に引越し業者を見つけない限り、引き受けてくれるという目の前の引越し業者にすがるしかない状態に

他に引越し業者を見つけない限り、引き受けてくれるという目の前の引越し業者にすがるしかない状態に

「他の引越し業者に依頼する」という選択肢が無い状態は、なにもユーザーが相見積もりを取らなかった場合のみではありません。

引越しの繁忙期にほとんどの引越し業者のトラックが埋まってしまった場合の見積もりや、引越し希望日にかなり近づいてからの見積もりの時にも同じように「他の引越し業者に依頼する」という選択肢が無い状態に陥ります。

これはユーザーの意思に関係なく、いくつもの引越し業者に電話しても「トラックの空きが無い」と断られた末、「やっと引き受けてくれる引越し業者が1社見つかった」という状態になったときのことです。

まさに引越しを請け負える引越し業者が1社しかない状態です。

この状態になったときの引越し料金が通常の引越し料金よりも割高なことは容易に想像がつくはずです。

納得のいく引越し料金やサービス内容ではない場合も多いでしょう。

しかし、不動産の契約上、今の住まいは明け渡さなければなりません。

引き受けてくれるという目の前の引越し業者にすがるしかなくなるのです。

たとえそれがどんなに悪条件でもです。

引越し業者1社からしか見積もりを取らないということは、引越しを引き受けてくれる引越し業者が1社しかない状態と同じことなのです。

なぜ複数の引越し業者から見積もりを取るのか?

答えはユーザーの「選択する権利」とその「選択肢」を得るためです。

相見積もり・合見積もり【引越し見積もり用語辞典】